ダンデライオン。
27日に六本木に遊びに行ったのは、映画を見るのが目的だったのです。
東京国際映画祭に行ってきたわけです。
映画祭というものは初めてだったのですが、とても楽しめました。
b0000701_2265154.jpg

みた作品はコンペティション部門の「ダンデライオン」
10代で今の世界には愛がないと、大人になることをためらっている少年メイソン。ある日ダニーという少女に出会って深い絆を感じた彼は、新しい世界が広がっていくのを感じる。そう、愛はいたるところに在ったのだ。

人生とは決して暗いものばかりではない
たんぽぽ(ダンデライオン)のように一見枯れたように見えても
朽ち果てる事なく、また花が咲くときがくる。

うん! なんて素晴らしい人生!!
[PR]
by y_shimauma | 2004-10-30 23:50 | Color diary
<< 落花生畑。 歯ごたえにかんぴょうじゃ和風に... >>