「列車に乗った男」を見た。
「茶の味」を見たときに劇場予告でみて
それからずっと見たいと思っていた「列車に乗った男」を見た。

ある時偶然にしてであった二人の男
その二人に芽生えた愛情を美しい映像と音楽が綴ってゆく。

二人の男はお互いの人生に、憧れていたもう一つの人生を見つける。
お互いの人生を試そうとする二人のシーンは
ほほえましくもあり、不意に悲しみに襲われるような儚さを纏っていた。
b0000701_21115910.jpg

もう一つの人生への願望はきっと誰もが持っているに違いない。

他の人にもお勧めしたい。是非見てもらいたい作品だ。
[PR]
by y_shimauma | 2004-12-07 21:14 | Color diary
<< 日の目を見なかった壁紙。 懐かしい建物。 >>